企業を成長させるリバースエンジニアリング|開発をする時のリスク

女性スタッフ

解析によって生まれる技術

金属

新商品の開発法の1つにリバースエンジニアリングを使って行なう方法があります。リバースエンジニアリングとは、他社の既製品の解析を行なって、仕様や目的、構成部品など様々な部分を明らかにしていくことを指します。それを行なうことでその商品に互換性のある商品をつくることが可能です。例えば、パソコンのUSBやHDMIなどのインターフェースの標準規格に基いてつくられます。他社企業も同じくUSBやHDMIに接続をするための商品であれば、その規格にあった端子をつくらなければなりません。しかし、リバースエンジニアリングは商品を全て解析していくわけなので、企業によっては全く同じものを作ることもできます。そうなってくると法律に抵触する恐れがあるため、それを回避するために「クリーンルーム手法」というのが用いられています。この手法では、解析チームと製造チームの2チームに分かれて、解析した物の仕様書を製造チームに提出し、独自の開発を行なう方法です。これによって作られた商品は、他社企業の技術を盗んだということにはならないため、法律に抵触する心配性がなくなります。
リバースエンジニアリングを行なうことで、新しく開発された商品から更に改良を施したものが開発され、競合することができます。しかし、商品の中には特許出願されているものや著作権を含むものもあるので、解析結果を活かして開発を行なう際には知的所有権の侵害にならないように注意をする必要があります。

無駄な油を除去しよう

工場

工場などで利用する加工機械などは、その作動の際に油が発生することがあります。しかし、その油は機械をダメにしてしまいます。そこでオイルスキマーというものを利用して余分に発生した油を取り除くことが可能です。

View Detail

進化する加工技術

金属

金属の物を製造する上で欠かせないのが、金型です。金型は同じものを大量に生産する上では効率化を図るために欠かせません。利用シーンの多いアルミ加工にも同様に金型を用いて大量生産されているものもあります。

View Detail

分析で品質向上を図る

男の人

現在日本では、毎日何かしらの燃料が使用されています。ガソリンや重油、バイオマス燃料など種類は様々です。しかし、その燃料の成分に不純物が混じっていると故障の原因にもなりかねません。そういった事を防ぐために、燃料分析を行ないましょう。

View Detail