企業を成長させるリバースエンジニアリング|開発をする時のリスク

男性

進化する加工技術

金属

金型は、様々な種類を用意することでコストパフォーマンスを抑えることに繋がります。大量生産するものを1つ1つ加工していたのでは、人件費やそれにかかる時間も大量に費やしてしまうことになりかねません。そこで金型の登場です。現在の技術は著しく進化を遂げていて、最近の金属加工には、金属加工専用の3Dプリンターを用いることもあるようです。それによって、今までつくるものが難しかったものもデータをパソコンに取り込み、3Dプリンターによって再現することができるようになりました。これによって企業側の金型の製造幅も広がり、納期も今まで以上に早くなっています。3Dプリンターにて製造できる金属はマルエージング鋼やチタン64、インコネル718といった種類があります。もちろん、金型の製造はプリンターばかりではありません。依頼する企業によっても取り扱いできる金属の種類や、製造できる金型のサイズなどにも違いがあるので、まずは問い合わせて確認してみましょう。
アルミ加工をする場合も同様に、各工場で可能な加工とそうでないものとがあることを理解しておく事が必要です。アルミは熱しやすく冷めやすいという性質で、その熱伝導率の良さから様々なシーンで活躍しています。パソコンであれば、その熱伝導率を活かして放熱性をあげるためのヒートシンクとして採用されています。車であれば、ラジエターやエンジンブロックといった部分で利用されているのです。アルミ加工といっても、加工方法は1つではありません。例えば、バイクのマフラーなどにもアルミ加工の技術が用いられていて、マフラーを作るためには溶接技術が必要となります。車のホイールなどであれば鍛造という高圧プレスによって成形されます。そのため、アルミ加工を依頼する物に合った製造を行なっている企業に依頼するようにしましょう。