企業を成長させるリバースエンジニアリング|開発をする時のリスク

男性

分析で品質向上を図る

男の人

日常的に利用している燃料には様々な種類があります。重油や軽油、バイオマス燃料など利用するものによって種類は異なり、それらを使用してエネルギーをつくりだしています。しかし、燃料は100%その成分のみでつくられているわけではありません。中には不純物もいくつか混じっています。そういったものを取り除くためには、燃料分析をしてその中に含まれる成分を調べることが必要です。燃料は、引火点や発火点が低いものもあれば高いものもあります。それによって、自然発火や引火の危険性も変わってきます。
国家資格でもある危険物取扱者免状でも、そういった燃料に使用される液体が数多くあるため丙種・乙種・甲種で取り扱ことができるものを分類されているのです。このような燃料分析は、随分と前から行われていて、レギュラーとハイオクにもその技術が使われています。そもそもレギュラーとハイオクの違いというのは、燃料に含まれるオクタン価に違いがあります。ガソリンが爆発する力はこのオクタン価によって違いが生まれるのです。オクタン価が高ければ高いほど完全燃焼しやすくなります。燃料分析によって、その配合率などを把握して使い分けをしているわけなのです。このように身近にあるものでも利用されている燃料分析は、良質な燃料を作るためには欠かせません。また、この技術を活かすことで燃料などに含まれる不純物をどれだけ取り除くことができたのかなどの分析も行なうことができ、ろ過性能向上などにも繋がります。燃料の生産でどれだけの不純物を取り除くことができたのかを把握する場合には、分析を専門とする企業に依頼してみましょう。