企業を成長させるリバースエンジニアリング|開発をする時のリスク

男性

無駄な油を除去しよう

工場

オイルスキマーとは、水中に浮遊する油をベルトやディスク、スクリューなどで回収する装置のことです。これを使うことによって切削加工機やマシニングセンタの利用をした際に発生する潤滑油や作動油を回収が可能となるのです。その油の状態は乳化状態であったり、或いは水中に混じっているものや水面に浮いているものも存在します。オイルスキマーは浮遊した油を回収するときに使用します。こういった油は、機械の寿命を縮めてしまう原因にもなってしまうのです。余分な油を取り除くことで機械の寿命が長くなり、結果として無駄な出費を抑えることができるでしょう。
オイルスキマーの構造としては、ベルトで油を救い上げて取る方法やスクリューで救い上げるものもあります。オイルスキマーを提供している会社は数多くありますが、それぞれの会社ごとに機械の構造が違い、回収率にも違いがあるのです。また、長年の利用によって交換が必要となることを考えて、メンテナンスがしやすい構造に作られているものもあります。その利用箇所は、食品工場や自動車工場、製油所など幅広く利用されていて、もはや油の発生する工場では欠かせない存在といっても過言ではないほどです。油の性能上金属に付着しやすいため、それを利用して回収する機械の接触部分には、スチームベルトなどが用いられます。その他にも、樹脂ベルトやチューブ式といった種類を採用しているものもあります。メーカーごとにメンテナンス期間や回収できるオイルの量に違いがあるので、購入前に製造元のメーカーに問い合わせをしてみましょう。